老後の資産は確定拠出年金で貯める

実は、金融機関が教えてくれない、そして金融のプロがこっそり活用している制度があります。

その制度を使うとなんと15%の利回りになります。 この超低金の世の中にそのような超高金利の甘い話があるのか?と疑う人も多いのではないでしょうか? しかし、これは本当にある話なのです。もちろん、合法で、日本国が法律で定めている制度なのです。

確定拠出年金

それが、当サイトでご紹介する確定拠出年金です。 国に保険料を支払う公的年金に対して、 確定拠出年金は私的年金のひとつです。 また、会社が掛け金を負担する企業型と個人が掛け金を負担する個人型の2種類があります。 節税分で確実に儲かり、さらに運用中は同制度の金融商品の運用益は非課税になります。

しかも、これは1年あたりの効果であって、 この確定拠出年金を10年、20年と続けた場合は、さらに効果は大きくなります。 しかし、このような節税効果の高い商品は、国民のほとんどに知られておりません。 特に個人型の確定拠出年金については、この制度を使える人は約3500万人以上も いるのですが、実際にこの制度を利用している人は、わずか14万人で 0.4%という低水準で推移しています。

老後に向けた資産作りに確定拠出年金

そこで、当サイトでは日本で老後に向けた資産作りに最も適していると考える 確定拠出年金制度を最大限活用する方法について、当サイトを通じて皆さんにお伝えすることにしました。
お金を借りる

確定拠出年金

住宅ローン

日本の現状