ニキビができにくい生活習慣で大事なのは、ストレスをためないことです。ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れます。大人ニキビの原因は、ストレスが大きく関係しているので、ニキビができにくくするには、ストレスを抑えて、皮脂の分泌が盛んにならないようにしないといけません。皮脂が過剰になると毛穴がつまり、ニキビが出来やすくなるので、ストレスを解消する生活習慣が大事になってきます。食生活も過剰な皮脂を招くので、ニキビがよくできる人は、脂質の多い食事をしないことです。皮脂が過剰に分泌されるとニキビを出来やすくさせてしまうので、食事はバランスよく摂らないといけません。ニキビができにくいようにするには、黒いものを積極的にとるとよいです。黒い食べ物と言えば、黒豆、ひじき、黒酢、黒砂糖などがあります。こうした食べ物は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。黒い食べ物と女性ホルモンには深い関係があります。ニキビには、やはり王道のイソフラボンがおすすめです。普段の食事で、豆乳や味噌などを毎日摂るようにしましょう。ニキビケア美容液