エモダ 福袋 2018
最近は、他社からスカウトされたために、転職を決めたという人も、意外と多いようです。同じような仕事をしている会社から、うちの会社で働かないかと言われて転職をするのがスカウトです。取引先とよく商談などをしている外回りの人に多いパターンで、一般社員だけなく管理職の場合もあります。商談をしていくうちに力量を相手先が認めるようになり、ぜひ自分の会社に欲しい人材だと評価されて、スカウトに至るケースがあります。もちろんスカウトの場合は、今働いている会社の給料などの待遇も調べた上で、現状よりも好条件で話をもちかけてきます。スカウト先の会社の方が待遇が良くて、業績も良く安定して収入を得られるのであれば、好条件の転職だと言えます。この他に、転職の話が持ち上がる契機として、友人や、親しい同僚が起業する時に、一緒に働かないかと言われたりします。お世話になった人や、恩のある人に頼まれると、嫌とは言いにくいこともありますが、ここは妥協せずに十分に検討をする必要があります。紹介の場合は、相手先の会社が人手が足りないからと、とにかく誰かを紹介して欲しいというようなケースもよくあることです。誰でも良いという点がスカウトとは異なるので、たとえ待遇が良かったとしても、慎重に判断するべきです。スカウトにしても紹介にしても転職を考える場合は、相手先の会社について出来る限り詳しく調べることが大切です。スカウトや紹介による転職については、最終的には自分で責任を持って判断しなければならないので、よく検討する必要があります。