我が家の夫は若い頃から花粉症で、出会った頃から花粉の季節にはいつも対策していたのか印象的でした。何故なら私の子供の頃からいた地元では海が近いせいなのか花粉はあまり気にならなくて花粉症の人なんて周りにいなかったからです。

でも、夫と結婚して都心に近い地域に引っ越してから出産した二人の子供は、まだ幼児なのに花粉症らしいです。自分が花粉症ではなかったので、たったの4歳とかで花粉に反応するの?と驚きでしかありません。

でも、春先に元気なのにティッシュが常に欠かせなくて目を痒がる子供たちは思い切り花粉症ですね。その花粉の時期のティッシュの消費量ときたら、我が家は本当にすごいです。買い置きする量を増やそうかなと考え中です。

ローストポークに我が家は今ハマっています。ローストビーフも嫌いではないのですが、噛み心地やヘルシーさを考えると、やはりポークが良く、とにかくよく作ります。

塩コショウを肉の塊にまぶして、それをフライパンで表面が焦げるまで焼きます。それから熱湯を炊飯器に入れ、そこで保温状態で片面20分ずつの合計40分、肉を蒸すという感じでやります。

そしたら半生系の豚肉が絶妙なおいしさでできあがります。そこに私は自分特製のソース、赤ワインと玉ねぎ、さらにはちみつ、もしくはアガベと醤油を用いたソースをかけて食べるのにはまっています。

ちなみに、ザイザルはアレルギーや花粉症などの薬ですが、胃腸薬と併用しても問題ないらしいです。くわしくは↓のサイトが参考になるので気になる方は見てくださいね。

http://www.letenky-lacne.com/