熱心にダイエットをしている人の中には、ウエストのシェイプアップが最終的な目的であるとしている人もいます。どういったことをすれば、ウエストをシェイプアップさせることが可能なのでしょう。

ウエストの脂肪を使うには、腹横筋を使うようにします。腹横筋を積極的に使う運動をすることで、ウエストのシェイプアップをすることが可能です。腹横筋とは、腹筋という言葉で表現される腹直筋とは別ものの筋肉となります。腹横筋は天然のコルセットと言われており、腰から脇腹を通りお腹まで包み込んでいる筋肉です。とても奥の方にある筋肉なので、あまり意識しないと効果的に働かなくなります。

人の腹は、コルセットをつけることで細く見せることができますが、実際にウエストがシェイプアップで細くなっているわけではありません。お腹全体を腹横筋が覆っていることで、お腹は中心に向けて力がかかり、内部がまとまるように圧力がかかっているような状態です。腹横筋を使っている時とは、お腹を抱えて笑ってる時などです。普通に過ごしていたら、腹横筋を使うことはないでしょう。

ずっと腹横筋を使わないままでいると、お腹を支える効果自体が弱くなってしまいます。エクササイズや運動でも上手にウエストのシェイプアップをすることができないのは、日常で意識していなく、あまり力を入れることがないからです。ウエストのシェイプアップのためには、腹横筋を鍛えるために横になって、お腹に力を入れるという方法がおすすめです。

劇的に変化するわけではないですが、ウエストのシェイプアップにはいい方法だと言われています。

脇のぶつぶつの治し方