男女のデートにおいて、言葉や視線などのしぐさは気になるところですが、しかしやはり付き合い始めた当初においては、肌と肌のふれあいはお互いに緊張もありますし、お互いに深く踏み込む必要があるでしょう。

実際に大きな愛情表現ではありますが、例えば腕を菌ダリ、手を握ることはとても効果的です、これは心理学で言う愛着理論の中の一つの行為ですが、二人の物理的距離、心理的距離の法則を考えてもともかく好意を示すためには肌と肌のふれ合いがとても重要なファクターとなるでしょう。はじめは勇気が要りますが、デートでの移動中とか、一緒に歩いているときとか、少しのタイミングを見計らって少しでも触ることもあっていいですね。

例えば、握手が在りますが、選挙戦もたけなわともなれば、候補者が有権者に握手を求めますが、握手をした候補者と握手をしなかった候補者では明らかに、二人への印象は違い、やはり握手をした候補者への印象がかなり高くなるとの事です。

つまり、握手如きのことであっても対人間関係にかなりの印象の違いがあるわけですから、まして恋人同士、益々の深い付き合いになってほしいものです