絶対現金主義は最高なんですがね。

クレジットカードは確かに便利です。

利用限度額を超えない限り、持ち合わせの現金が無くてもすぐに決済が出来てしまいます。

また月に一回、まとまった金額が銀行口座などから引き落とされるだけなので便利です。

しかしその便利さが仇になることもあります。

 1つ目に言えるのはクレジットカードで支払った金額をきちんと自分で管理していないとカード会社から支払い請求が送られてきた際に、とんでもない金額の請求を受けてしまい、支払うことが出来なくなってしまったり、給料日でもらったお金をすぐに手放すことになりその月の暮らし方に困難が生ずる結果となることがあり得えます。

 2つ目に言えるのはポイントを稼ぐために余計なお金を払うことになってしまうことです。

例として1000円以上でポイントが付くクレジットカードの場合、800円のものを買いたいがポイント付かないため200円分余計に買ってしまい、結局損してしまう買い物の仕方になることがあります。

 クレジットカードに頼らない暮らし方とは現金を使うことにより損をしない生活のことであると考えます。お世話になってるサイト>>>>>昔の借金は消滅時効の援用手続きで【解決!】