残りの1割は「文構造の分析」ですね。そして残りの1割は「選択肢を消去するテクニック」です。文構造は、長い主語がどこまで続いていて、本当の動詞がどこに存在するのかを判別する能力です。分の初めにに置かれる動詞は、まず長い主語を作るためのものです。

したがって2番目に置かれる動詞が本動詞です。それを強く意識することで、文構造の見極めができるようになります。それから選択肢の幹わけのテクニックは、20あります。ここでは、数個ほど説明します。ますは常識で考えて、明らかなにおかしな選択しです。

たとえば、原子力発電は、再生可能エネルギーである。というようなものす。再生可能エネルギーとは、太陽光とか地熱とか、潮力とか、風力とか、水力などのことを意味します。原子力は、プルトニウムの処理が大変なので、再生可能エネルギーには該当しません。

そういえば、スピロノラクトンは病院で処方をうけないと入手できない薬ですが、病院に行く時間がない人もいますよね。ですが、個人輸入代行業者を利用すると、手軽に安く購入できるんだとか。気になる方は、スピロノラクトンの手軽な入手方法と市販薬の併用についてまとめたサイトがあるのでチェックしてみてくださいね。

アルツハイマー病を引き起こしているとの研究結果が出ました。若い頃の睡眠不足で、脳内に老廃物や病変タンパク質が蓄積し、アルツハイマー病が発症するとのことです。

やはり、若い頃から、7時間〜8時間くらいの睡眠が必要のようです。ですが、ただ寝ていても睡眠の質が悪ければ意味がないということです。やはり、睡眠時の無呼吸などにならないように、日頃からの身体の管理が重要ということですね。

認知症の患者さんは、年々増加の一途をたどっています。早急に対策をしないといけませんが、全世界的に対策が遅れているように思います。日本でも、問題の解決に本腰を入れないと大変なことになります。