2連休の最終日でゆっくりと過ごしていた所、急な吐き気を感じトイレに猛ダッシュしました。なんとかトイレまで我慢する事は出来ましたが、嘔吐の勢いが勝って、トイレの床を汚してしまいました。

気持ち悪さで立っているのすら苦痛だったので、片付けもそこそこで寝床に向かいました。かと思うと今度は腹痛が始まり水の様な排便が出ました。「これは何か悪いものを食べたか?」と考えましたが思い当たるふしはありませんでした。2連休でしたが、特別な所に出かける事もしませんでした。しいて言えば近所のモールに出掛けたぐらいでした。その後も3度トイレで吐き、水の様な排便は数えられない程でました。すると主人が帰ってきて、私の真っ青になった顔を見て病院に連れて行ってくれました。病院に向かうまでの一騒動で、吐くものがなくなってか吐く事は出来なくなりましたが、下の方がとまらなかったので分刻みにトイレに向かっていました。多分落ち着いたかな?今だ!というタイミングで近くの病院に向かいました。診察は簡単な問診で終わりました。発熱がない事から「ウイルス性の胃腸炎でしょう」との事です。下痢止めの処方が出ましたが、帰宅後インターネットで調べると下痢止めを飲まない方が良いとの情報があったので、飲まずに過ごす事としました。翌日には体調不良ながら吐く事も下す事もありませんでしたが、食事できていなかったのでそれもそのはずです。翌々日には体も楽になっていき大変ホッとしました。更年期の悩みに白井田七人参サプリ