幼稚園の先生と、保育士の先生には違いがあるのでしょうか。
幼稚園の先生の資格を持っていても保育士として
働く事はできません。
幼稚園経論は文武科学省の管轄で、保育士は厚生労働省の管轄となっています。
管轄が違えば資格も大きく違ってきます。
性格に保育士の先生は0歳~就学前の幼児対象となります。
目的としては、家庭の代わりに子供を保育するとあります。幼稚園の先生の資格を持っていても保育士の資格を持っていなければ保育士として働くことができません。
同じ幼稚園児と保育園児のような感覚を持っている人もいるかもしれませんが、全く別となる事を覚えておいてください。
保育士の資格を取得するには、保育士試験を合格しなければなりません。
ですが、幼稚園経論の免許を持っている人は、筆記試験の一部が免除となります。
幼稚園の先生の免許を持っている人は保育園の先生の免許も取りやすいという点がとても魅力的です。
多くの幼稚園経論のほとんどの人が保育士の免許を取得しています。
ぜひ、保育士免許を取得するようにみなさん頑張ってください。通信講座などでも保育士の資格取得は可能となっています。
自分に合った方法で保育士免許を取得しましょう。